古銭買取で高額評価がつきやすい大判

古銭買取の査定評価は、その物の状態や歴史的希少価値、相場等によって大きな幅がありますが、おおまかな評価基準というのはある程度定まっています。それはインターネットや日本貨幣カタログ等を使ってある程度調べることが可能ですが、基本的には素人判断はせずに、古銭買取店に持ち込んでプロの査定を受けるのがベストです。また大体の評価基準については、知識としてある程度は押さえておくようにしましょう。例えば時代ものの大判・小判というものは最低でも数十万円から、上は数百万円で取引されています。例えば、万延大判金と呼ばれる江戸時代に発行された大判は、その希少価値から二~三百万円で取引されています。特に大判や小判は海外のコレクターに人気の高い分野のものであり、海外の古銭買取店に持ち込めば、六百万円前後の値段がつけられることもあるようです。もし海外の買取店を利用するのであれば、事前に国際評価機関の査定評価を受けておくと、さらに価値を高めることが可能です。

Copyright(c) 2016 古銭族 All Rights Reserved.